ヒースローの保安検査場

着物で海外旅行、2018年9月スペイン、乗り換え地のヒースロー空港に到着です。

spain_201809_03_1

Title:
スペイン 2018年9月 ヒースローの保安検査場

Scene1:
2018年9月7日、無事日本を発ち、経由地のヒースロー空港に到着。
セキュリティチェックのため、手荷物をトレーにいれ金属探知機を通ります。

Scene2:
毎回、貴金属に限らず所持品は、すべてトレーに入れるので、気楽に通過します。
後は手荷物を回収して、搭乗ゲートに向かうだけです。
「後はスペインへのフライトだけやなー。」

Scene3:
が、トレーに置いたはずの搭乗券が無い!!
「アレ!?」

Scene4:
X線検査装置を通る時に飛ばされたようで、検査員が見つけてくれました。
「えっ?えっ?なんで!?」
「EXCUSE ME!」

実際は、すぐには気づかず、搭乗ゲートを確認しようとした時に「あれ?」ってなりました。

鞄を見て、着物の内をまさぐって、トレーをどけて確認して、さらに床まで見てもどこにもありません!
「保安検査場に来る前に落としたのかも!」とも思いましたが、検査場に入る前に搭乗券を検査員に見せているハズなので、それもあり得ません。

どうしようもなく、近くにいた係の人に助けを求めたら、X線検査装置の床あたりに落ちているのを見つけてくれました。どうやらX線検査装置を通過する時に飛ばされたようです。

アセるアセる。
トレーに直接、搭乗券を置く場合は、上にスマホや財布などを置いて飛ばされないようにしないと駄目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください